介護保険請求ソフトが介護施設の事務仕事をサポートします

導入するために

介護保険請求ソフトの導入価格と一般的な相場

主に居宅介護支援事業者や居宅サービス事業者などでは、国保連に請求を出す事が多いですが、その国保連への請求を簡単にしてくれる、サポートしてくれるのが介護保険請求ソフトとなっています。多くの居宅介護支援事業所では、その介護保険請求ソフトを利用して、日頃のケアプランの作成から国保への請求を行っているのです。価格については、最近の介護保険請求ソフトは月額制を採用しているものが多く、月々数千円のソフトの利用ライセンスを購入するという形態をとっています。平均的な価格帯は1,000円?20,000円ほどであり、事業規模の比較的小さい居宅事業所向けのソフトは1,000円から3,000円程度の、割安料金で利用できるものが多いです。

請求ソフトの特徴について

またそのような介護保険請求ソフトの特徴は、介護業界で働く方にパソコンが苦手な世代の人が多いこともあって、パソコンが苦手な方でもらくらく使えるようにシンプルで使いやすいものが多くなっています。パソコンを普段触っていない方でも、基本的な使い方さえマスターすれば誰でも操作をしたりデータを扱うことが出来るようになってくるのです。もし、トラブルがあったり操作でわからないようなことがあれば、遠隔操作によってそのトラブルを解決してくれる介護保険請求ソフトもあるくらいです。非常に使いやすいソフトが揃っているのが特徴といえます。その他にもバージョンアップなどの作業も、月額契約をしたらあとは業者がやってくれたり、自動的にダウンロードしてインストールしてくれたりと面倒なこと無く常に最新の介護介護保険制度に対応したソフトが使えるのも魅力です。